[20200113]ルーパーなんてどうでもいい/Don’t care much about LOOPER

皆さん、こんにちは。
Hi ! Everyone!

今日のブログはルーパー講座の第一回目。
Today’s blog is the second lesson about “looper”.

より多くの人がこのブログを参考に、更に音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。
I’ll be so happy if more people read this blog so they can enjoy music more.

※ルーパーの記事をよりたくさんの人に見てもらうため、ルーパー記事には英訳をつけています。
When I talk about looper I add English translation so that more people can read.

第2回目は「ルーパーなんてどうでもいい」というテーマでお話します。

The second theme is about 「Don’t care much about LOOPER」.

私はルーパー日本チャンピオンで世界2位を受賞しています。
世界ランカーが「ルーパーなんてどうでもいい」なんて発言をする自体、不思議かもしれません。
でも本当に「どうでもいい」んです。

I’m a looper champion in Japan and got the second position in the world.
You might wonder if I say 「don’t care much about looper」.
But it really is.

このブログを見ている皆さんは、ミュージシャンで
且つ、多少なりともルーパーに興味のある方々だと思います。

I guess that everyone who’s reading this blog is musician and has interest in looper.

例えば、このブログを見ている皆さんに
「あなたは何故ルーパーをやりたいのですか?」
質問をしたとします。
あなたはどう答えますか?

For example, if I ask you 「 why do you want to play looper?」
What would you answer?

恐らく「ルーパーをするために生まれきたからだ」
と答える人はいないと思います。

I guess no one answers like 「I was born to play looper」.

私はルーパー世界ランカーですが、
ルーパーをするために生まれてきてはいません。
今まで1ミリたりともそんなこと、思ったこともないです。

I was NOT born to play looper even I’m a world ranker.
I have never thought so.

私はただ音楽がやりたいだけです。

I just want to play music.

自分の音楽の世界観を表現するのにたまたま適していたから
ルーパーを使っているだけであって、
将来的に私の思い描く音楽の世界観が
ルーパーとズレれば、ルーパーは使いません。
それだけの話です。

Looper is just a way of expressions to show my world of music and it fits me so far.
I don’t play looper if my image of world of music is out of position.
That’s all.

多分今このブログを見ている方々も私と同じではないでしょうか。
ただ音楽をやりたくて、その気持ちの延長線上にルーパーがあって、
ルーパーがあれば自分の世界観や表現したいことが
できるかもしれないと思ったからこそ、ルーパーに興味をもった。
ただそれだけだと思います。

I guess most of you reading this blog are the same as my thought.
You are interested in looper is because looper could express my feelings and emtions while struggling against finding my style of music.
I think so.

しかし、あまりに魅力的なルーパーの前に
その考えがいつのまにか逆転してしまうことがあります。

Nevertheless, those thoughts might be reversed because looper is too atractive.

「ルーパーという魔法のエフェクタを使えば、使っていない時の自分よりも強くなれる。」
「ルーパーを使えば、音楽演奏において、本来重視するべき基礎練習などをいくつもスキップできる。」

「You can get better when using looper rather than not using it.」
「You can skip basic practices if you use looper.」

残念ながら、この考えは幻想です。
むしろルーパーは、自分本来の実力をより露わにしてしまう機材です。

Unfortunately, this thought is wrong.
Or rather, looper bares your true skills.

音楽の基礎が備わっている人は、ルーパーを使うことでより素敵な演奏ができ、
基礎的な部分を疎かにしている人は、ルーパーを使っても、魅力が倍増することはありません。

If you have enough skills for playing music, looper helps you to play better, if you make light of music basics, looper does not help you.

確かにルーパーにはたくさんの魅力的な機能があります。
だからこそ、「ルーパーなんてどうでもいい」と思いながらルーパーを使う必要性があります。
「いつでも捨ててやる!」と思っていないと
ただ機能的に優秀な「ルーパー」に自分の心とアイデンティティを持っていかれます。

Looper surely has a lot of attractive functions.
Therefore, you need to think 「I don’t care much about looper」 when you use it.
Looper can steal away of your mind and identity because of its excellent functions.

ルーパーはただの器。
そこに「音楽が好き」という魂が込められた時、
はじめてルーパーは「自分らしい音楽」を奏でてくれます。

Looper is just a tool.
Looper will turn to your side when you put your thought of 「How much I love music」.

魅力的だからこそ、ルーパーを使う人間の「信念」や「意志」が
とても大事になるということを常に心に刻みながら
今日も私はルーパーと向き合っています。

I’ m always considering with looper because 「belief」 and 「will」 are so important.

次のブログでは「超ドMな人ほど、ルーパーに向いている」というテーマでお話します。

Next theme is 「Looper will fit those people who are very masochistic」.

乞うご期待!
Please check the next blog coming up.

無料のルーパーレッスン、やっています。(スタジオ代もナオリュウ負担)
I also do a free looper lessons(studio fee is on me !).

問合・申込はTwitterスタッフアカウントまで。
For more information please contact my Twitter stuff account.

Thank you.