[20200601]ルーパーはPAさんとの連携が命/To cooperate with PA is important for looper.

皆さん、こんにちは。
Hi ! Everyone!

今日のブログはルーパー講座の第22回目。
Today’s blog is the 22th lesson about “looper”.

より多くの人がこのブログを参考に、更に音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。
I’ll be so happy if more people read this blog so they can enjoy music more.

※ルーパーの記事をよりたくさんの人に見てもらうため、ルーパー記事には英訳をつけています。
When I talk about looper I add English translation so that more people can read.

第22回目は「ルーパーはPAさんとの連携が命」というテーマでお話します。

The twenty second theme is
“To cooperate with PA is important for looper.”

ルーパーなんて変わったものを使っていると、大抵PAさんとは仲良くなれます。また音をよりよくするためのアイディアを惜しみなくくれたりもします。しかし、PAさんとの連携がうまくいかないと前々回お話したようなトラブルにつながります。

I mostly make nice relations with PAs because I am using something unique like looper.
And they give me advices and ideas to make my sounds better.
On the other hand, if not, you will have troubles like I talked two times before.

そもそもで耳を貸してくれない場合はもうどうしようもないですが、PAさんとうまく連携をしていくためにはこちらもある程度の知識が必要となってくるので「ルーパーを導入することでPAさんはどういったことに困るのか?」ということをぜひ知ってほしいと思い、今回記事としました。

I wrote this blog because I want you to know
“What kind of things that PAs get troubled with looper?”
To begin with, I am flying my hands up if a PA never listens to me, but players also need to have some knowledges to make a good team with PAs.

まず1点目は前回お話した周波数帯の束のカットの話ですね。
言わなくてもやってくれる人なら問題ないですが、具体的に言わないといけない状況は結構気を遣いますね。やんわりと伝えてみてください。

The first point is about cutting frequency bands.
It’s no problem if a PA does this without saying, but if not, I treat this situation really carefully.
Please tell a PA gently.

2点目は「ルーパーはミキサーの役割も果たす」という点。ルーパーにLINEとマイク、両方を接続した場合、それぞれの楽器やボーカルの音をそれぞれ単独で抽出ができません。例えるなら、お味噌汁の中に、ポタージュスープを入れてしまったら、ポタージュスープだけを取り除くことは不可能なことと同じこと。でもできればお味噌汁はお味噌汁、ポタージュスープはポタージュスープで楽しみたい。それぞれ単独のおいしさを最大限に引き伸ばしてくれるのがPAさんの役目。声には声、ギターにはギター、それぞれにあった音の装飾をしてくれるのですが、それぞれ個々がバラバラで抽出できないと個々に最良の装飾はできなくなります。PAさんとしてはそれは結構困る訳です。私はそれを分かりながら、別の理由でマイクとLINE入力の音をMIXしたものをPAさんに渡してしまうのですが。。。「それを理解した上でMIXした音を渡してますよ~」というのをきちんとアピールできれば、連携もうまく取れると思います。

The second point is
“Looper plays a role in a mixer, too.”
In a case that you connect both the guitar line and a microphone to a looper, you can not output those sounds separately.
For example, it is the same thing that it is impossible to get rid of potage soup from miso soup.
I would love to enjoy them separately.
It is PA’s job to make every single sound to the best.
They decorate nicely to each sound like voice, the guitar, etc.
But PAs can not decorate them properly if those sounds extract separately.
PAs get troubled with it.
I know it and I still give mixed sounds to a PA for an another reason…
I think if you could tell “I understand what might happen with mixed sounds” to PAs and it would be OK to have good connections.

2点目に関しては他にも回避方法があって、ルーパーへの接続と通常時、2本のマイクに分けるアーティストもいらっしゃいます。また前回お話したトゥルーアウト、改造できるなら、それも回避方法の一つです。(私は未だ勇気が出ず、改造はしていません。)

There are another ways to solve this problem and they are, to use two microphones.
One for looper and the other for a mixer.
Also, as I spoke last time about a function cutting all the sounds, it is going to be a way of solutions if you can re-model it.
(I still do not have enough courage to re-model my gear.)

例えばなのですが、ルーパーの音量レベル等々を昨今のデジタルミキサーのようにiPadで遠隔操作できるのであれば、そこをPAさんにすべてゆだねることができて、こちらも安心して演奏に専念できるのですが、現時点でそれもかないません。

For example, if a digital mixer these days can be operated by remote control like iPad, I can put into PA’s hands and concentrate on playing, but it is unfulfilled at the moment.

また近年新しく発売されたルーパーにはほとんどついていないようなのですが、私の使用するBOSS/RC-300にはメインアウト、サブアウトがついており、こちらを使用しての回避方法がもしかしたらあるかもしれません。しかし、10年ちょっと私はルーパーと向き合っていますが、未だメインアウト・サブアウトを使用した、時間をそれほどかけない最良の回避方法は見つかっていません。

Further more, most of loopers released nowadays do not have like I am using, BOSS/RC-300 is attached main-out and sub-out, these attachments could workaround these problems.
Therefore, I have been using looper for ten years and have not still found out the best workaround not to spend much time with these attachments.

もしかしたらここで話をすることで、次世代のルーパーアーティストが簡単で且つ、時間もかからない解決法を見出してしまうかもしれませんので、あえてここに書き記しておきました。

I dare to write here of the matter if someone next generation find the easy and not take long way.

解決者求ム!

Resolver wanted!

という感じで、ルーパーを導入することでPAさんが困ること、ぜひ理解をして、PAさんとともに最高のライブ空間を作っていってください。

Please make the best gig space with PAs, now you know how PAs get troubled with looper machines.

次回は「そんな簡単なことを私に聞くな!」というテーマでお話します。

Next blog, I will talk about
“Do not ask me such a simple thing!”

無料のルーパーレッスン、やっています。(スタジオ代もナオリュウ負担)
I also do a free looper lessons(studio fee is on me !).

問合・申込はTwitterスタッフアカウントまで。
For more information please contact my Twitter stuff account.

Thank you.