[20200629]転がしモニター使用でハウリングを起こりにくくする方法/How to make hauling hard to happen when using monitors.

皆さん、こんにちは。
Hi ! Everyone!

今日のブログはルーパー講座の第26回目。
Today’s blog is the 26th lesson about “looper”.

より多くの人がこのブログを参考に、更に音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。
I’ll be so happy if more people read this blog so they can enjoy music more.

※ルーパーの記事をよりたくさんの人に見てもらうため、ルーパー記事には英訳をつけています。

第26回目は「転がしモニター使用でハウリングを起こりにくくする方法」というテーマでお話します。

The twenty sixth theme is
“How to make hauling hard to happen when using monitors.”

前回のブログでもお話したように、ルーパーのハウリング問題は複雑な部分が多数あり、攻略が非常に難しいです。前回お話したヘッドフォンでの回避やその他いろいろ試しましたが、結論、私は普通にライブハウスの通称「転がし」と言われる、ヴォーカリストの足元に置かれて寝かされているスピーカーから自分の声が楽器の音をモニタリングしています。

I already talked in the last blog, There are so many complicated problems about hauling, it is so tough to capture.
I have tried some patterns to solve this problem like using a headphone I talked in the last blog and so, and in conclusion, I chose to use monitors sitting on the floor for vocalists.

ただ通常通りでこの「転がし」スピーカーから音を出してしまうと、これもまたハウリングの原因となるため、私は次のような方法で転がしスピーカーからの音をPAさんに指定しています。

But it would be caused hauling if you use monitors as usual, I am telling a PA to avoid from hauling.

「LOWカットしてください」

“Please cut the volume of LOW.”

低音が多いと、どうしてもハウリングが起こる確率が高くなってしまうため、低い成分の音をほぼ全面的にカットしてもらっています。つまり私は高い音の成分のみを聴きながら、パフォーマンスをしています。リズムは高音成分だけでも十分聞こえてきます。最悪、高音のシャカシャカという音だけ聴こえていれば、ルーパーの音に合わせて演奏ができます。

Hauling happens easily if the volume of bass lots, I ask a PA to cut almost of the element of bass.
That means, I am performing with listening only the element of high positioning sounds.
About rhythm, you can fully catch it when only the element of high sound.
In the worst case, if I can hear something high frequency noisy sound, I can perform.

これを聴いて、信じられないと思うかもしれません。
ミュージシャンならこう思う人も多いと思います。
何故なら、通常こんなことあり得ないからです。

I might be able to believe it when you hear this.
I think most of musicians might think so.
Because it is usually impossible.

普通なら、モニターの音も最大限よい音にするのが一般的です。
私もできるならそうしたいです。
やっぱりよい音で聴くほうが、自分のパフォーマンスもよくなる確率が高くなるからです。
「人は褒められる方が伸びる」のが普通です。
でもルーパー演奏をする限り、私はそれができません。
何故なら「ハウリングが起こるから」です。

Normally, it is basic to make the sound of monitors nice as much as possible.
I really want to do if I can.
Because a nice sound grows my performing skills up.
It is normal “people thrive on compliments.”
But I can not do that unless I play looper.
Because of “hauling”.

私は極めてよくない音をモニタリングしながら演奏しています。

I perform with monitoring terrible sound.

言い方は悪くなりますが、特に腕のよくないPAさんには、過剰でもこちら側が考慮しなければ演奏が成り立たなくなります。

This is a bad expression, but especially PAs whose are not good, players have to consider it if it is too much, but otherwise performances would not hold water.

おかげでほとんどモニターからの音が聴こえていなくても「なんとかできる」能力だけは身に付きました。

I have learned and got a skill how to “manage” when I hardly hear a sound from monitors.

結局のところ、ルーパーをやる上で「簡単な道」はあまり残されていないという意味にはなりますね。しかもこれほどの努力をしているにも関わらず、あまり目立たないという点もホント涙ぐましい(笑)

In conclusion, there are almost no “easy ways” to play looper.
And what a tearful effort even it is not noticeable…

それでもこの「ルーパー」というものに魅力を感じる者だけが残っていくなら、それは自然淘汰なので、よいことなのだろうと思っています。

But I am thinking that it is a good thing if only people who feel an attraction in “looper” and others leave, it is a natural selection.

道はかなり険しいですが、ぜひ「ルーパー」という山の頂上、目指してみてください。

The road is so tough, but I want you to try to climb to the top of the mountain of looper.

無料のルーパーレッスン、やっています。(スタジオ代もナオリュウ負担)
I also do a free looper lessons(studio fee is on me !).

問合・申込はTwitterスタッフアカウントまで。
For more information please contact my Twitter stuff account.

Thank you.