[20200622]モニターとしてヘッドフォンは使用するべきか?/Should I use a headphone as a monitor?

皆さん、こんにちは。
Hi ! Everyone!

今日のブログはルーパー講座の第25回目。
Today’s blog is the 25th lesson about “looper”.

より多くの人がこのブログを参考に、更に音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。
I’ll be so happy if more people read this blog so they can enjoy music more.

※ルーパーの記事をよりたくさんの人に見てもらうため、ルーパー記事には英訳をつけています。

第25回目は「モニターとしてヘッドフォンは使用するべきか?」というテーマでお話します。

The twenty fifth theme is
“Should I use a headphone as a monitor?”

ライブハウスなどでは自分の音の返し(モニタリング)を聴くスピーカーとお客さんが聴く用のスピーカー、それぞれ分かれています。「モニター」とは自分の音の返しを鳴らしてくれる媒体のこと。ライブハウスでは通称「転がし」と呼ばれるスピーカーで音のモニタリングをするのが一般的ですが、ヘッドフォンをモニターとして使う場合もあります。

There are some of speakers, some for players (as monitors) and some for audiences at live bars.
Monitors are for checking and listening to players’ sounds and this is a basic style.
And there is another way to check it with using a headphone as a monitor.

イメージで強いのはDJですかね。ライブハウスの「転がし」の意味合いとは多少違ったりもしますが、DJがつけているヘッドフォンはモニタリング用です。

If you imagine DJs, you can imagine easily.
Monitors at live bars are little bit different from DJ’s, but those headphones DJs’ are using are for monitoring.

実はルーパーアーティストにはモニターをヘッドフォンにするメリットがかなりあります。

To tell you the truth, there is a huge merit for looper using a headphone as a monitor.

第21回「【タブー解禁】ルーパーの致命的な問題点について」でもお話したように、残響音もルーパーは拾って録音してしまうので、転がしのような大きいスピーカーでモニタリングをするとマイク使用の場合、その音もルーパーに録音されてしまうので、ハウリングの要因となりえます。ヘッドフォンでモニタリングしているのであれば、そのリスクは極力抑えられ、ハウリング問題とも戦わなくて済む確率が高くなります。

As I talked in the twenty first theme about
“”Taboo lifted” fatal problems at looper”, it could cause houling because a microphone picks up reverberation from monitors and a looper records it.
It might not happen if you monitor with a headphone.

ただヘッドフォンでモニタリングをする場合のデメリットがあります。
ちなみに私にはそのデメリットの方が大きすぎて、ヘッドフォンでのモニタリングは断念しました。

But there is a demerit when monitoring with a headphone.
For me, I gave up monitoring with a headphone because the demerit was so huge.

その大きな理由としては「ヘッドフォンでは距離感がつかめない」ということです。

The biggest reason is “I can not have a clue about distance by a headphone.”

人間は自分の声が壁にぶつかって跳ね返った音で自分のいる場所の距離感を図ったりします。しかしヘッドフォンから流れてくる音は平面です。なので、距離感がつかめなくなってしまいます。特にヴォーカルの録音をするルーパーの使い方をする場合は如実です。

People try to catch a sense of distance by bounced voices from a wall.
But the sound from a headphone is flat.
So you would lose a sense of distance.
Especially when you use a looper for recording vocals.

第11回「ルーパーをするために必要な【3つ】の知識」でもお話しましたが、私はマイクに近づいたり離れたりすることで、マイクの音量を自己調整していますが、ヘッドフォンで耳を塞がれてしまうだけでそれが一切できなくなります。

I already talked in the eleventh theme
“Three knowledges necessary to play looper”
, I control the volume of my vocal with having a right distance from a microphone, but you can not do that with a headphone at all.

ちなみに私はレコーディングでも完全にヘッドフォンで耳を塞ぐと歌うことができなくなってしまうため、片耳だけヘッドフォンを外します。

When recording, I can not sing covered by both ears, I take it off from one side of my ear.

ちなみにルーパーで片耳ヘッドフォンを試しましたが、返ってくる音とヘッドフォンからの音にかなりタイムラグがあるため、どっちがどっちの音なのか分からなくなるので、このアイディアも結果ダメでした。

I once tried to the same thing for looper, there was a time gap of sounds between from monitors and headphone, this idea did not work.

ちなみにマイクで音を拾う管楽器全般もすべて同じです。あとこれは私には何とも分からない部分もありますが、パーカッションなどもマイクで音を拾うので、ヘッドフォンの使用は厳しいかもしれません。

It is all the same for picking up sounds like wind instruments by a microphone.
And I really do not know about this, but percussions also use microphones, using a headphone could not be good.

結論、
In conclusion,

「マイクを録音するルーパーアーティストはほぼほぼヘッドフォンは使えないと思った方がいい。」

“Looper artists who use a microphone had better thinking that a headphone is not good for it.”

と思います。ただそれ以外の人(エレキギターなどの電子楽器)はヘッドフォンでも大丈夫です。でもマイクで録音するからこそハウリングが起こるので、鶏が先か卵が先か…な問題。なんとも悩ましいですね。

Others (electric instruments like the guitar etc) can use headphones.
Using a microphone causes hauling, this is a chicken and egg situation.
Very uneasy.

次のブログでは「転がしモニター使用でハウリングを起こりにくくする方法」というテーマでお話します。

Next blog, I will talk about
“How to make hauling hard to happen when using monitors.”

無料のルーパーレッスン、やっています。(スタジオ代もナオリュウ負担)
I also do a free looper lessons(studio fee is on me !).

問合・申込はTwitterスタッフアカウントまで。
For more information please contact my Twitter stuff account.

Thank you.