[20200615]EQとリバーヴのかけ方について/How to apply EQ and reverb

皆さん、こんにちは。
Hi ! Everyone!

今日のブログはルーパー講座の第24回目。
Today’s blog is the 24th lesson about “looper”.

より多くの人がこのブログを参考に、更に音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。
I’ll be so happy if more people read this blog so they can enjoy music more.

※ルーパーの記事をよりたくさんの人に見てもらうため、ルーパー記事には英訳をつけています。

第24回目は「EQとリバーヴのかけ方について」というテーマでお話します。

The twenty fourth theme is
“How to apply EQ and reverb”

ライブを行う際、私のルーパーセットはこれ以上PAさん泣かせはないほど、悪いセットです。
なぜなら、ルーパーに取り込んだすべての音はルーパー内でミックスされ、アウトプットされてしまうため、それぞれ単独の楽器等にリバーヴや音の調整することが不可能になるからです。

At a gig, my looper set is the worst set for PAs.
Because all sounds are mixed in the looper machine, it is impossible to adjust reverb or volume to each sound individually.

私の現状のセットでは声には声に最適な、それぞれの楽器には楽器に最適なEQやリバーヴがかけられません。
これは「個々の音の魅力を削っている」と言ってもよい行為です。

The best adjustments like reverb and EQ for the voice and other instruments are meaningless for my set.
This equals to spoil each sound’s charm.

ただ、私はそれを分かりながらやっています。
私にとってそれよりも重要と思うポイントがあるからです。

But, I am doing it with understanding.
There is a point that I am thinking much important than that.

例えば、この問題を避ける方法に下記のような方法があります。

For example, there is a way to avoid this problem like below.

・マイクを2本用意(もしくは1本のマイクを分岐)して、一方をPA、一方をルーパーに送る。

“Prepare two microphones (or one microphone branches) to PA and a looper machine.

しかし、そもそもでルーパーのセッティングには時間がかかります。そこに更にこの作業をプラスするとなった場合、更にリハーサルに時間がかかる上に、トラブルの可能性も高まります。

But it takes time to set looper in the first time.
Plus, if you do the thing I explained above, it takes much time for a reharsal and possibility of causing troubles will increase.

ワンマンライブだったらいくらでも時間をかけられますが、対バン形式のライブの場合、リハーサル時間は限られます。時間が押せば、他の出演者の迷惑となり、その日一日一緒の空間を過ごす他の出演者との折り合いが悪くなる方がみんなで作り出すライブ空間にとっては一番よくないので、限られた時間内で、自分の確認すべきことをすべて終えられるセットを選んでます。

If a gig is one-man show, you can have time to do it but it is impossible with battle of the bands.
If you take too much time to prepare for it, it is not just annoying other bands but also making bad atmosphere in the space and that is the worst thing at battle of the bands, I am setting the best that I need to check a minimum for my limited reharsal time.

しかし、こういった考え方がベースにないのであれば、できればマイクの使い分けはした方がいいです。リバーヴや個別の音の調整はした方がよいに決まっているからです。

On the other hand, you need to use some microphones if you do not have those thoughts in the basic.
It is defanately yes to fix the sounds of reverb and others individually.

それを選ばない私がどんな風にこのEQ・リバーヴ問題を回避しているか?という点ですが、まず個別の音の調整は捨てています。ちなみに下手にEQのエフェクタを挟むと逆に音が悪くなったり、別の問題が発生する可能性が高いので、ここについての悪あがきはやめておいた方が無難です。(一度悪あがきをしましたが、惨敗でした。)

For me, I am giving up to fix them individually.
Because it sounds worse if putting an extra effector like EQ without careful handling, or causes another problems, you should not try it.
(I have once tried to solve this problem, but I could not make it.)

で、リバーヴに関しては、ルーパーからのアウトプットの音にそのままかけてもらってまして、「リバーヴはヴォーカルにあわせてください」とPAさんにお願いしています。つまり「リバーヴをヴォーカルが一番よく聴こえるレベルでかけてもらえるようにお願いしている」ということです。もし私と考えが一致する方で「リバーヴはどうすれば?」と悩んでいる方はそのような回避方法を試してみてください。

About reverb, I ask a PA to effect reverb directly to the output sound and say “set the depth of reverb to my vocal.”
This means I ask a PA to fix the level of reverb to sound my vocal best.
Please try this if you think like I do.

ちなみに私がリバーヴをヴォーカルに合わせる理由は一つ。ヴォーカルを一番聴いてほしいからです。ヴォーカルの魅力をちょっと削っておいて、その言い分も不思議かもしれませんが、私の中ではちょっとしたプラマイゼロです。

The reason why I match reverb to my vocal is one.
I want you to listen to my vocal at all.
You might wonder that I was cutting the charm of vocal and still I say so.

例えば「ヴォーカルをルーパーに接続する手前でリバーヴのエフェクタを挟んで、声にリバーヴをかけるのは?」というアイディアもあると思います。ただEQと同様、私個人としてはお勧めしません。
何故なら、ライブハウスのPAさんが使っているリバーヴはメチャクチャよいからです。私たちがごく手軽に手にできるようなエフェクタのリバーヴでは天と地の差があります。下手にこちら側でリバーヴのエフェクタは挟まない方が得策です。

For instance, there is an idea and that is
“Set a microphone to a reverb effector and then to a looper.”
But as I said before about EQ, I do not recommend it.
Because those reverbs that PAs are using are much much better than ours.
It is not a good idea to make it own.

ちなみに私の使っているRC-300に接続したことでのインプットのマイクの音の劣化はほとんど分からないレベルです。またそもそもでルーパーに音を録音した時点で音は劣化します。それが大前提の機械。元々捨てているものがあるからこそやれるパフォーマンスとも言えます。この機材を使う限り、ある一定の制限の中での最上を求めていくしかない。

For my gear RC-300, the tone quality deterioration at inputting microphone is almost unchanging.
It deteriorates when recording to a looper.
This is the starting point for this machine.
I can say this performance is arranged because of the deterioration.
I have to do my best in this limited situation.

一つに「音を出す」と言っても、いろんな選択肢があります。
その選択の一つ一つは「考え方」で決まります。
結局「何をどうしたいのか?」改めて考えてみることが、より早い決断に繋がります。

There are several ways of “make sounds.”
Your “way of thinking” desides to take which.
After all, considering “what and how I want to do?” is to be prompt in your quick decision.

次のブログでは「モニターとしてヘッドフォンは使用するべきか?」というテーマでお話します。

Next blog, I will talk about
“Should I use a headphone as a monitor?”

無料のルーパーレッスン、やっています。(スタジオ代もナオリュウ負担)
I also do a free looper lessons(studio fee is on me !).

問合・申込はTwitterスタッフアカウントまで。
For more information please contact my Twitter stuff account.

Thank you.