[20200525]【タブー解禁】ルーパーの致命的な問題点について/Taboo lifted” fatal problems at looper

皆さん、こんにちは。
Hi ! Everyone!

今日のブログはルーパー講座の第21回目。
Today’s blog is the 21th lesson about “looper”.

より多くの人がこのブログを参考に、更に音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。
I’ll be so happy if more people read this blog so they can enjoy music more.

※ルーパーの記事をよりたくさんの人に見てもらうため、ルーパー記事には英訳をつけています。
When I talk about looper I add English translation so that more people can read.

第21回目は「【タブー解禁】ルーパーの致命的な問題点について」というテーマでお話します。

The twenty first theme is
“”Taboo lifted” fatal problems at looper”

前回お話した「本当にあったルーパーの怖い話~PA編~」ですが、あの話、そもそもなぜハウリングがやまなかったと思いますか?

In the last blog, I talked about “This is real! Tales of the unusual scary story〜PA ver.〜”
Can you guess why houling did not stop?

今までなぜこのようなトラブルが起こるのかを明言してきませんでした。なぜ明言をさけてきたかというとそれがルーパーそもそもの構造の問題だからです。恐らくLINE接続のみを行っている人はその問題点に直面する機会は少ないと思いますが、マイクとLINE、両方接続をするとなると、この問題点が急に露わになります。マイクとLINE、両方接続をする限り、この問題は起こるべくして起こる、根本問題だからです。

I have never touched this problem.
Because this is the problem of the looper’s structure itself.
I guess you would not face the problem often if you connect directly to looper.
But plus with microphone, this problem comes out.
This is the root problem.

最初の質問に戻ります。
前回のお話でなぜハウリングがやまなかったと思いますか?

Let’s get back to the first question.
Do you know why houling did not stop?

答えは

The answer is

「ルーパーは録音ボタンを押している間は接続しているマイク、LINEから入った音をすべての音を録音してしまうから」
です。

“Looper records every single sound from the microphone you are connecting, and from the line connection aswell.”

もしあなたが「ギターだけを録音しよう」と思ったとしても、その録音期間もマイクは接続されているので、壁にあたって跳ね返ってきたスピーカーからの残響音なども同時に録音してしまいます。それが何度も繰り返されることで、同じ周波数帯の音が束になって録音されます。それがある一定数を超えると「ハウリング」や「もやり」といった現象を引き起こします。

If you try to record “the guitar sound”, a microphone is also connected to while recording the guitar, a reverberation from speakers bounces against the wall and be recorded aswell.
And the same frequency band is going to be recorded again and again.
Then, houling or something hazy would be caused by when exceeds a certain number.

つまり、前回のお話ではルーパーのマスターの音量レベルをあり得ないほどあげてしまったことによって、マイクの音を拾う音量も上がってしまいました。先ほど言った残響音も更に拾いやすくなり、且つ、演奏会場は吹き抜け天井の会場だったので、普通の会場よりも音が響くため、更に残響音が多くなり、またそれをルーパーが拾う。その連鎖でコントロールを失ってしまったのが、前回の話のトラブルの原因。

As I explained the last story, the volume of picking up the microphone raised because I set the master volume extremely high.
A reverberation,too.
Also the stage was an open ceiling and the sound echoes well compare to basic stages.
Reverberating a lot, and looper catch it.
It chains and lost control.
This is a cause of trouble the last time I talked to.

こんな時のPAさんの対応としては「幾重にも重なり、束となった音の周波数帯をカットする」というのが正解なのですが、残念ながらその担当者にはその能力がありませんでした。

The right correspondence was to cut the sounds of frequency band, but sadly he did not have that skill.

ただ、この問題点の根底は冒頭でお伝えした通り、ルーパーそのものにあります。
ルーパーの構造がこうでなければ、起こりにくかった現象とも言えます。
本来こういった処理を行わなくても、ルーパー演奏ができることが一番の理想です。

But as I said at the beginning, looper has the root of the problem itself.
I can say if the construction of the machine is not like that, a trouble phenomenon hardly happens.
The best ideal is playing looper without processing these problems.

例えば、録音している楽器以外はルーパーを通さず、トゥルーアウトできるというような機能があれば、解決の道に一歩近づけます。(それはそれで他に問題が出そうな部分もあるのですが…)例えばこういった機能がプラスされれば、ルーパーはもっと音楽の幅を広げてくれるのではないかと思います。

For example, if a function which cuts all the sounds except for an instrument being recorded, one step forward to the way of solution. (I wonder it might cause another problems…)
I think if this function is added, looper can be widen the range of music.

私はルーパーの更なる機能向上を強く求めます。
各メーカー様、ぜひともご検討よろしくお願いします。

I strongly desire further function improvement.
Dear each manufacturer, please kindly consider this matter.

次回は「ルーパーはPAさんとの連携が命」というテーマでお話します。

Next blog, I will talk about
“To cooperate with PA is important for looper.”

無料のルーパーレッスン、やっています。(スタジオ代もナオリュウ負担)
I also do a free looper lessons(studio fee is on me !).

問合・申込はTwitterスタッフアカウントまで。
For more information please contact my Twitter stuff account.

Thank you.