[20200518]本当にあった!世にも奇妙なルーパーの怖い話~PA編~/This is real! Tales of the unusual scary story〜PA ver.

皆さん、こんにちは。
Hi ! Everyone!

今日のブログはルーパー講座の第20回目。
Today’s blog is the 20th lesson about “looper”.

より多くの人がこのブログを参考に、更に音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。
I’ll be so happy if more people read this blog so they can enjoy music more.

※ルーパーの記事をよりたくさんの人に見てもらうため、ルーパー記事には英訳をつけています。
When I talk about looper I add English translation so that more people can read.

第20回目は「本当にあった!世にも奇妙なルーパーの怖い話~PA編~」というテーマでお話します。

The twentieth theme is
“This is real! Tales of the unusual scary story〜PA ver.〜”

ルーパーを使い始めて10年以上。その間、私は何度もルーパーに関するトラブルに遭い、その実体験から「ルーパーのここを気を付けた方がいい」という話を事細かくこのブログに書いていますが、今まで遭ったルーパートラブルの中で一番印象深かったエピソードを今回お話します。

It’s been more than ten years since I started to play looper.
I faced problems so many times and I have been talking about them from my experiences at my blog, I will tell you the most impressive story from the troubles I got damaged.

あれは、今から4.5年前のこと、まだ残暑の残る秋の初めの頃でした。
私はとあるイベントでルーパー演奏することになりました。
普段であれば、必ずルーパー演奏でトラブルがおきにくい会場かどうかを事前確認してから出演のOKを出すのですが、諸々の事情で事前に会場がどこか分からないまま、出演のOKを出さざるを得なくなり、そのまま当日を迎えてしまいました。

That was about 4〜5years ago, it just had began autumn with fully remained smell of summer.
I had an opportunity to play looper at an event.
I normally check how the place looks like and think possibility of causing troubles first before I accept the request.
But I had several reasons and I had to accept it even I did not know where it is held, and the day came.

本番当日。会場に着いて、愕然としました。
会場はなんと2.3階まで吹き抜けの天井となっているステージだったのです。(なぜそれで愕然としたかという詳しい理由は次回のブログをご覧ください。)事前確認できなかったことを心底呪いましたが、「今更そんなことを言っても仕方ない。なんとかするしかない。」とすぐさま、PAを担当される方に直接事情を話しにいこうとしました。が、そのイベントがサーキットイベントだったため、他のアーティストさんのPAをされていて、PAさんと話をする時間もない。結局そのままリハーサルを迎えました。

The day.
I was stunned when I arrived at the place.
The place was an open ceiling about to second or third floor. (I will explain the details why I was stunned in the next blog.)
I cursed from bottom of my heart why I did not check before, but I soon changed my mind and I tried to have a contact to a public address system engineer(PA).
But he was on an another player’s stage and I could not have a chance to talk to.
Then my reharsal time came.

「とは言っても、優秀なPAであればまずもってトラブルはまず起こらない。」

“But if the PA is a talented resource, troubles would not happen.”

そうあることを願って、音を出すと、残念ながらハウリングがやまない。こちらで対処できることはすべて行っている。あとはPAさんの腕次第。しかし、サーキットイベントだったこともあり、残酷にもリハーサルの時間はほとんどない。担当PAの順応に時間を割くことはできず、なんの解決もできないまま、タイムオーバー。そしてリハーサルの最後、担当PAは私にこんなことを言いだしました。

I prayed so and started to play, howling did not stop.
I tried everything that I could do for it, but it is still going.
Now It’s PA’s time to figure it out.
But it was a circuit event and I did not have enough time to check.
And my reharsal ended without solving the problem.
The PA said to me after that.

「マスターのボリュームレベルを2時にしてください」

“Please set the master volume at 2 o’clock.”

ここでいう「2時」とは時計の針の「2時」方向のこと。これがどれだけ恐ろしいことかを私はよく知っている。何故なら私は大抵どの会場でもボリュームレベルを10時、最大でも10時半くらいにセットしているからだ。それが11時も12時も1時も超えて2時にセットするなんて…とんでもないことだということは重々わかっている。

This “2 o’clock” means the way of the short bar of a clock.
I painfully know how it means awful.
Because I basically set the master volume at 10 o’clock, 10 and half at the maximum.
And the PA said 2 o’clock…
I heavily know it is outrageous.

「何言ってるんですか?そんなことしたら…とんでもないことになりますよ!」
私は声を荒げた。

“What do you mean?
It’s gonna be outrageous!!”
I screamed.

「とにかく2時にしてください」
ルーパー世界2位を受賞した私の言葉に一向に耳を貸そうとしない担当PA。

“Please set it at 2 o’clock.”
The PA said so and never listened my words even I got the second place at the world looper competition.

「何が起きても知りませんよ。」
問答の末、リハーサル最後に私はそう一言残し、ステージを降りた。
そして迎えた本番。

“I will not take any responsibility even something outrageous happens.”
I said to the PA after the reharsal and got off from the stage.
And my show time had come.

私はルーパー世界2位。
お客さんが一番楽しみにしているポイントだろう。

I am the second in the world of looper.
This is the point audiences were looking for.

持ち時間は30分。そのうち、25分がルーパー演奏。

My show time was 30 minutes.
And 25 minutes for looper within.

冒頭の25分間、お客さんは「ワーン」というハウリングの音だけを聴くことになった。最後の5分、私の弾き語り演奏だけしかまともに音は出なかった。

The audiences listened to the howling sound for the first 25 minutes.
And the last 5 minutes, the sound came out properly with my solo.

演奏が終わった直後、担当PAが「すみません」と言ってきた。

After my show, the PA walked to me and said
“I’m sorry.”

「その言葉は私ではなく、お客さんに言ってくれ。」
この言葉をかけることはなかった。
多分、この言葉の意味が理解できないから。

“Say the word not to me, to the audiences.”
I did not say the words to the PA.
He probably did not understand what it means.

その出来事があってからは、ルーパー演奏をする際、必ず会場を事前チェックしてから出演OKを出すことにしました。また、当日担当をするPAにはできる限り、事前に情報を伝え、きちんとルーパーのことを理解してもらうように努めることとしました。

After the experience, I check the places at the first and deside yes or no.
And tell PAs to understand how looper is as much as I can.

ごくごくたまに、こういった自分の意見を曲げず、自爆するPAに遭遇することがあります。
もしかしたら…明日あなたも出会ってしまうかも…

This is really a rare case, but I sometimes face against PAs never listen my words and crush by himself.
You might meet with those PAs soon…

というルーパーにまつわる怖い話でした。

This is an awful story related to looper.

ルーパー演奏の場合は、演奏を聴くお客様に迷惑をかけてしまうことになるので、会場や担当PAの事前リサーチはきちんと行ってくださいね!

You have to be really careful with the places and PAs that you are going to play looper before, otherwise you will annoy the audiences.

次回は「【タブー解禁】ルーパーの致命的な問題点について」というテーマでお話します。

Next blog, I will talk about
“”Taboo lifted” fatal problems at looper”

無料のルーパーレッスン、やっています。(スタジオ代もナオリュウ負担)
I also do a free looper lessons(studio fee is on me !).

問合・申込はTwitterスタッフアカウントまで。
For more information please contact my Twitter stuff account.

Thank you.