[20200511]ルーパーの持ち運びについて/How to carry looper

皆さん、こんにちは。
Hi ! Everyone!

今日のブログはルーパー講座の第19回目。
Today’s blog is the 19th lesson about “looper”.

より多くの人がこのブログを参考に、更に音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。
I’ll be so happy if more people read this blog so they can enjoy music more.

※ルーパーの記事をよりたくさんの人に見てもらうため、ルーパー記事には英訳をつけています。
When I talk about looper I add English translation so that more people can read.

第19回目は「ルーパーの持ち運びについて」というテーマでお話します。

The nineteenth theme is
“How to carry looper.”

ルーパーの持ち運びは大変です。
そういう意味ではPCなどを使用する方がよいとは思いますが、PCを使用してのルーパー演奏は音が止まってしまうなどのトラブルの確率が格段に上がります。その可能性を天秤にかけて、私は結局ハードを選んでいますが「ルーパーの持ち運び」にはいつも苦労させられています。
恐らく他のルーパーアーティストも同じ悩みを抱えていると思い、今回は「ルーパーの持ち運びについて」というテーマで私の具体的なルーパーの運搬方法をご紹介しつつ、お伝えします。

It is so hard to carry looper.
In that way I can hear why don’t you use PC, but the percentage of causing troubles extremely increase like stopping working PC, etc.
I deeply considered with those possibilities and I chose to carry looper, but I am always struggling against looper to carry.
I guess other looper players have the same problem, so I am going to talk about it.

私は基本ルーパーを「スーツケース」で持ち運んでいます。

I basically carry looper putting in suitcase.

「え?専用のケースじゃないの?」と思われる方も多いと思います。しかし、ハードのエフェクタケースはとんでもなく重い。仮にも私は女性であって、ギターやフルートの演奏もする。そんな私がハードのエフェクタケースでルーパーを持ち運びしてしまったら、ライブハウス到着までに演奏する腕や手が死んでしまう。また楽器以外に衣装なども同梱するので更に荷物は重くなる。公共交通機関で移動する場合、エフェクタケースと衣装、それぞれの楽器を一人で持ち運ぶのは不可能。

I know some people say “isn’t it a designated case?”
But a hard effector case is super heavy.
And I am a lady, I play the guitar and the flute aswell.
If I carry those in a hard case, my arms would be useless until I get to a live bar.
I also bring my stage clothes aswell, so it is going to be heavier.
It is impossible if I carry all those gears by myself and use public transportations.

車移動を以前考えたことがありましたが、例えばタクシー移動は運搬費がかかりすぎるし、仮に自分で車を運転したとして、演奏で疲れて、万が一、車の運転操作を誤ったら、自分一人の問題ではなくなると思い、私は基本的には公共交通機関を利用することに決めたのですが、そうなると如何にして運搬荷物を軽くし、しかも楽器や機材が壊れないように運ぶかが課題となりました。

I once thought to use a car, but using taxi is expensive, if I drive, and I got tired after performance, and I caused a trouble, it would not be my own problem.
So I decided to use public transportations, and thought how I make it lighter, safe paking machines.

それらを総合的に計算に入れ、最終的に「スーツケースで運ぶ」を最良の案としました。

I comprehensively calculated all those things and I decided to use a suitcase and it is the best way.

ちなみに機材の持ち運びには一つ覚えておいた方がよいコツがあります。

I found a tip for carrying machines you need to remember.

それは「絶対にケースの中で機材を動かないようにする」です。

That is “make inside the suitcase nice and tightly not to move machines.”

それができていれば基本問題ありません。例えばステージ衣装などをルーパーの入ったスーツケースの中に同梱します。それがクッションの役割となり、機材を守ってくれます。

There is no problem if you can do it.
For example, stage clothes within together, it is going to be like a cushion, and save machines.

エフェクターボードで移動するのは確かに見た目にはかっこいいのですが、重い上に蓋を閉める際にコードが挟まりそうになったりで、断線しないかといつもひやひやしていました。

A hard case is looking cool, but I was worrying disconnections everytime I close the board, and it is heavy.

私の現在のセットは「BOSS/RC-300」のみなので、スーツケースでも可能なのですが、そうではない、より複雑なセットの場合は、恐らく車移動しか機材の運搬方法はないとは思います。

My setting today is only “BOSS/RC-300”, so a suitcase is enough but, if I use more machines, only a car can solve this problem.

ただ、その複雑なセット、確実に使わないエフェクタが含まれているはずです。実際は使っていないエフェクタが含まれていることで、断線の危険率も高まりますし、ノイズ問題にも悩まされる確率は高い。

I am sure that there are never using machines in those complicated settings.
Percentages of disconnections and noises problems might occur are really high with those never using effectors.

一度、運搬の面、そして「機能」の面からもエフェクタのセットは見直してみてもよいのではないかと個人的には思います。

I individually think that you need to think again from carrying side and function side.

次回は「本当にあった!世にも奇妙なルーパーの怖い話~PA編~」というテーマでお話します。

Next blog, I will talk about
“This is real! Tales of the unusual scary story〜PA ver.〜”

無料のルーパーレッスン、やっています。(スタジオ代もナオリュウ負担)
I also do a free looper lessons(studio fee is on me !).

問合・申込はTwitterスタッフアカウントまで。
For more information please contact my Twitter stuff account.

Thank you.