[20200420]ルーパーの録音ボタンを踏むタイミングについて/The timing of stepping on the recording botton.

皆さん、こんにちは。
Hi ! Everyone!

今日のブログはルーパー講座の第16回目。
Today’s blog is the 16th lesson about “looper”.

より多くの人がこのブログを参考に、更に音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。
I’ll be so happy if more people read this blog so they can enjoy music more.

※ルーパーの記事をよりたくさんの人に見てもらうため、ルーパー記事には英訳をつけています。
When I talk about looper I add English translation so that more people can read.

第16回目は「ルーパーの録音ボタンを踏むタイミングについて」というテーマでお話します。

The sixteenth theme is
“The timing of stepping on the recording botton.”

この話についてはあくまで私の個人的な意見として聞いて頂ければと思います。

First of all, this is just my individual opinion and I hope you understand it.

ルーパーにおいて恐らく一番難しいのは
「ルーパーの録音ボタンを踏むタイミング」
だと思います。

I think the most difficult thing for looper is the timing of stepping on the recording botton.

ちなみにDJやヒューマンビートボクサーなどで
この問題に悩まされている人は一人もいないと思いますが、
万が一、悩まされているならば、その機種に問題があると思うので、
お早めにメーカーに問い合わせてくださいね。

I guess there is no problems for DJs and human beat boxers, but if so, you need to make a contact to makers because the machine itself has problems.

本題に戻します。

Let’s get back to the theme.

私はルーパー歴は10年以上、
日本人唯一のルーパー世界ランカーです。
しかしながら、ルーパーの録音ボタンを足で百発百中、
ジャストタイミングで操作するということは私にも不可能でして、
未だルーパーの録音ボタンとはお友達になれてはいません。
恐らくルーパーを買った人の中で挫折率が一番高いのも「録音ボタン」だと思います。

I have been playing looper for more than 10 years and I am only a japanese world ranker.
But I have not been a good friend with the recording button, still impossible to step on it with perfect timing everytime.
I think the highest reason to give up looper is the recording button.

私も未だにお友達にはなりきれていない「録音ボタン」なので、
「こうしたら確実に友達になれる!」
と明言できず、大変申し訳ないのですが、
それでも私は日本人唯一のルーパー世界ランカー。
何度も友達になろうとトライし続けている身。
そんな私の「ルーパーの録音タイミングを合わせるやり方」
をお伝えしようと思います。

I am so sorry that I can not predicate the way to be a good friend with the recording button I have not still had a good relationship with.
But I am a world ranker.
The one who have kept trying with it.
I am going to explain “How to make right timings of recording.”

私はいつも「録音が終わる最後の音の次の音まで演奏する」
という風にルーパーの録音をしています。
つまりルーパーの頭の音を録音終了のボタンを押すと同時に演奏するということ。
本来必要はないのですが、踏むタイミングを間違ってしまうと
録音の終わる最後の音と、頭で録音した音に隙間ができ、
不自然な「間」となってしまうので、
私は必ず頭の音を演奏しながら録音終了ボタンを押すようにしています。
そうしておけば、大抵大きな問題は起こりません。

I am always recording like
“play the next chord or note after stopping recording.”
This means to connect the separate sounds that I recorded smoothly and would not have troubles easily.
If did not, there might cause a strange space between separately recorded sounds/parts.

ただ、何をどうやっても不自然になってしまう場合、
思わずルーパーの方を疑ってしまいますが、
十中八九、演奏者側の踏むタイミングの問題です。

If you try many ways and still have problems, mostly it is the timing of stepping on.

以前あるメーカーの機種で、
録音ボタンにタイムラグがあるタイプのものが発売されていました。
それは何をどうやっても録音タイミングがズレます。
ですが、恐らく今発売されているルーパーのほとんどは
ジャストタイミングでルーパーが録音されるようになっているハズですので、
まずルーパー側の問題とは考えにくいのではないかと思います。

There was a machine that had a time lag before.
This conld not be hit a right recording timing.
But I guess most of those machines are fixed, so I hardly think that this problem is not the machine side.

あと、以前書いた「あなたが選ぶべきルーパーはこれだ!」というブログで
「ボタンの形状によって、タイミングがずれてしまう」
ということもお伝えしたので、その問題も考えられると思います。

And as I talked before in my blog titled
“This is the looper that you have to choose.”
, a time lag causes up to the shapes of buttons.
This also could be a problem.

正直な話、BOSSのコンパクトエフェクタタイプは
ルーパーをジャストタイミングで踏む前提で考えるなら、最も不向きな機種です。
録音ボタンが押しやすい機種に変更するのも手だと思います。

To tell you the truth, BOSS/a type of compact effector is the most unfit machine for looper, on the assumption that if you think stepping on the recording button with the right timing.
I think you could change the model to something easier to hit the recording button.

また、座って操作しているのか?立って操作しているのか?
それによっても変わるのではないかと思います。

Also, it depends on the situations that you use the machine with sitting or standing.
I think it influences aswell.

ちなみに私は座ると録音タイミングを合わせにくくなります。

For me, it is hard to hit the right timing with sitting.

恐らく考えうる可能性は上記のようなことだと思います。
上記を参考にして、ルーパーを踏むタイミングの改善を試みてください。

Those are the possibilities I could imagine.
I hope you to try to improve hitting the timing of recording with referencing above.

次回は「素足か靴か?」というテーマでお話します。

The next blog, I will talk about
“barefoot or shoes?”

無料のルーパーレッスン、やっています。(スタジオ代もナオリュウ負担)
I also do a free looper lessons(studio fee is on me !).

問合・申込はTwitterスタッフアカウントまで。
For more information please contact my Twitter stuff account.

Thank you.