[20200413]アコースティックギターをルーパーに接続する際の注意点/Important points when an acoustic guitar connects to looper.

皆さん、こんにちは。
Hi ! Everyone!

今日のブログはルーパー講座の第15回目。
Today’s blog is the 15th lesson about “looper”.

より多くの人がこのブログを参考に、更に音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。
I’ll be so happy if more people read this blog so they can enjoy music more.

※ルーパーの記事をよりたくさんの人に見てもらうため、ルーパー記事には英訳をつけています。
When I talk about looper I add English translation so that more people can read.

第15回目は「アコースティックギターをルーパーに接続する際の注意点」というテーマでお話します。

The fifteenth theme is
“Important points when an acoustic guitar connects to looper.”

アコースティックギターをルーパーに接続する際はかなり注意が必要となります。
多くの場合、そのままの状態だとハウリングを起こしてしまうため、
それを解決するためにサウンドホールを塞がないといけません。

You really need to care when you connect your acoustic guitar to looper.
In many ways, there causes hauling if you did not do anything.
You have to cover a sound hole to solve the matter.

以下の動画が私が演奏をしている時の映像ですが、
すべて映像でサウンドホールが塞がれていると思います。
その理由は「ハウリング防止」のためです。

This is a video when I am playing down below,
you can see the sound hole is covered.
The reason is to prevent from hauling.

映像内のK-Yairiが私のメインギターなので、
私はこのギターでルーパー演奏をしますが、
ルーパーにおいてはあまりよい選択肢とは言えません。

“K-Yairi” is my main guitar as you can see in the video, so I play looper with it, but this is not a good choice for looper.

このギターは元々フルアコースティックギターで、
ピックアップを後付けしたので
音量調整やEQの調整もできないタイプなので
ルーパーとは正直相性がよくありません。

This guitar is a full acoustic and I fitted a pick-up after, to tell you the truth, this is not a good combination with looper because I can not control the volume and equalizer.

私はとにかくこのギターの音が好きなので、
このギターを使うことにこだわりますが、
もし必要以上のこだわりがないのであれば、
下記のようなサウンドホールのないエレアコを使うと
トラブルはかなり激減します。

I really like the sound of this guitar and I am fussy about it.
But if you are not, most of troubles are solved if you use an electric-acoustic guitar with no sound hole I am going to introduce below.

上記のギターは以前とある方に勧められたギターで名前は「ACOUSTASONIC」。
どちらかと言えば、エレキで有名なギターメーカーの「Fender」が発売している
エレキとアコギの中間みたいな不思議なギターです。

A person recommended me this guitar named “ACOUSTASONIC”.
Fender released this and this is just the middle between electric guitar and acoustic guitar.

デザインがとてもかわいいので、
女性にもピッタリだと思います。

The design is so cute and I think this is nice for women aswell.

例えばアコギの音ばかりを何十にも重ねても、
音色が変わらず、音に厚みが増すだけですが、
このギターであれば、エレキとアコギ、
両方の音が使い分けできるので、音に奥行きや幅が出ます。
しかも、エフェクタで音色を変えれば更に2倍の音色に!

For example, to dub the sounds of acoustic guitar over and over effects the thickness of the sound.
But with this guitar, you can use both electric and acoustic sounds, you can give the sound width and depth.
Further, you can make it double changing the color of sounds with effectors.

ルーパーを使用することを前提で考えるならば
このギターはかなり潰しがききます。

This guitar sells for its price if you think something forth as a premise.

もし私に本命の「K-Yairi」がいなかったら
これ欲しかったな~w

I really wanted this if I did not have my main guitar “K-Yairi”.

またエレアコでルーパーを使う場合、音量調節は至難の業です。

It is extremely difficult to control the volume for electric-acoustic guitars with looper.

ストロークとフィンガーピッキングでは
かなり音量差が出てしまうので、
ストロークをちょっと弱めに弾いたりして、
音量調節を自力で行わないといけなくなります。

There is a huge differences of sounds between stroking and finger-picking, you need to control by yourself stroking weakly like that.

自力での音量調節に自信のない人は
音量調節のできるエレアコを買うことをお勧めします。

I recommend electric-acoustic guitars which have volume if you are worrying about it.

ちなみに後付けのピックアップでも
音量調節できるタイプのものもありますが、
リアルタイムで演奏している時に
触れられるような位置についているものは多分ないと思います。
(さすがにこればかりはすべてのピックアップを調べた訳ではないので、もしそんなピックアップがあったらごめんなさい。そしてぜひ教えてください。)

Yes, there are some AFTER-FITTED pick-up gears with volume, but I think there is no pick-ups you can touch easily and control the volume while playing.
(Please tell me if I am wrong because I have not searched everything and I apologize if there exists those pick-ups.)

そう考えると、先ほど私がお勧めしたFender/ACOUSTASONICは
通常のエレキギターの位置に音量調節のつまみがあるので、
演奏しながらの音量調節も簡単で、
やはりめちゃくちゃルーパー向きですね!

Fender/ACOUSTASONIC has a volume controller and sits the same position as electric guitars.
You can easily control the volume while playing and this is super nice for looper.

必ずしも私がご紹介したギターを選ぶ必要はありませんが、
ルーパーを前提で考えるならば、
私の紹介したギターに似たものを選ぶと
かなりルーパー演奏が楽になると思います。

You do not really need to choose that I introduced you, but you can play looper easier if you choose similar guitars that I recommended.

次回は「ルーパーの録音ボタンを踏むタイミングについて」というテーマでお話します。

Next blog, I will talk about
“The timing of stepping on the recording botton.”

無料のルーパーレッスン、やっています。(スタジオ代もナオリュウ負担)
I also do a free looper lessons(studio fee is on me !).

問合・申込はTwitterスタッフアカウントまで。
For more information please contact my Twitter stuff account.

Thank you.