[20200406]ルーパーは【間違える】ことが一番面白い!/The most interesting thing is to make mistakes!

皆さん、こんにちは。
Hi ! Everyone!

今日のブログはルーパー講座の第14回目。
Today’s blog is the 14th lesson about “looper”.

より多くの人がこのブログを参考に、更に音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。
I’ll be so happy if more people read this blog so they can enjoy music more.

※ルーパーの記事をよりたくさんの人に見てもらうため、ルーパー記事には英訳をつけています。
When I talk about looper I add English translation so that more people can read.

第14回目は「ルーパーは【間違える】ことが一番面白い!」というテーマでお話します。

The 14th theme is
“The most interesting thing is to make mistakes!”

これまでいろいろルーパーについて書いてきました。
「もうそろそろネタ切れか?」と思ってみても、意外と続いています。
それくらい細かい注意事項がいっぱいあります。

I have been writing about looper in many ways.
I sometimes wonder that I run out of ideas, but I still have something to say.
There are so many little cautions when using.

そんな記事を見すぎてしまうと
「私には僕にはルーパー無理かも…」と思ってしまうかもしれません。

I guess you might wonder that playing looper is too tough to try it.

実際、ルーパーでライブをするということは
いつ泣き出すか分からない赤ん坊を抱えて演奏しているのと
同じようなスリルがあります。

Truely, there is a thrill like playing music with holding a baby you never know when the baby starts crying.

どれだけ準備をしていても、エラーが起こる時は起こる。
機械なのでこればかりはどうしようもありません。

An error occurs if you practice a lot.
You can not handle with it because it is a machine.

でも「ルーパーの魅力はなんですか?」
などと質問される際に、
私は「ルーパーは間違った時が一番面白い」
と、いつもそう答えています。

But when someone asks me
“What is attractive for looper?”
I everytime answer
“The most interesting thing is when I made a mistake.”

「その間違いをどうやってエンターテインメントに落とし込むか?」

How to apply those mistakes into an entertainment.

それがルーパーにおける一番の醍醐味だと私は思っているからです。

And it is the best part of looper.

もちろん基本的な練習不足の間違いはただの「間違い」です。
でも仮に、真剣な現場で赤ん坊が泣いてしまったとして、
その赤ん坊の声をルーパーに録音して、演奏に組み込むのであれば、
それは微笑ましいハプニングです。
演者の力量で「微笑ましいハプニング」に変えることは可能なのです。

Of course, It is a mistake if you did not practice a lot.
But imagine, it turns to be a lovely happening if a baby starts crying at a severe place and you record the baby crying voice and put it in your looper.
It is possible to change into a good way from a bad situation if you have skills.

ちょっとリズムがよれてしまったデータをルーパーに録音してしまったとして、
それを力技で「間違い」から「ハプニング」に変えるのもは演者の力量です。

If you recorded a bad rhythm pattern to looper, it is you to make it to a mistake or a happening, everything depends on me.

予期せぬハプニングをその空間にいる全員が
固唾を呑んで見守ったり、大笑いしたり。
その場所、その時間でしか味わえないリアル体感。
これこそまさに「ライブ」
究極のエンターテインメント。

We all at a space watch an unexpected happening with breathless interest and cracking up.
This is real.
This is live.
An ultimate entertainment.

ある意味、ちょっとだけルーパーがトラブることを期待している自分もいたりします。
もちろんその瞬間は血の気が引きますけどねw

I expect a bit to happen those troubles on the other hands.
Of course I get pale at that time.

ルーパーは他の機材よりも使うリスクが高いことに違いはないですが、
間違えることや、トラブってしまうことに必要以上に怯えてしまうと、
見たことのない新しい自分には出会えないし、
見たこともないくらいのお客様の笑顔にも出会えない。

To use looper has higher risks compare to other machines, but to make mistakes or to be scared for making troubles, you can not find a new side of you and you can not see audiences smiles you have never seen before.

ルーパーはトラブルをエンタメに変える「きっかけ」を与えてくれる。

Looper gives you an opportunity to have chance to turn troubles into entertainment.

そう思って接することがルーパーにとっても
一番よいことなのではないかとそう思います。

It is the best thing when play looper, I think.

いっぱいトラブルを起こすのに
どうにも憎めない、まるで人間みたいな機械、ルーパー。
一応最先端の音楽表現ツールなんですがね(笑)

Looper, that is as if a human-like machine that I can not hate.
The most advanced music expression tool.

超人間臭いアナログ機材。

An analog machine with full of human traits.

そこがルーパーの一番好きなところで
私が長くルーパーと付き合っている理由でもあります。

This is the reason that I like and have been playing.

次回は「アコースティックギターをルーパーに接続する際の注意点」というテーマでお話します。

Next blog, I will talk about
“Important points when an acoustic guitar connects to looper.”

無料のルーパーレッスン、やっています。(スタジオ代もナオリュウ負担)
I also do a free looper lessons(studio fee is on me !).

問合・申込はTwitterスタッフアカウントまで。
For more information please contact my Twitter stuff account.

Thank you.