[20200323]ルーパーで使用するマイクについて/Microphones for looper

皆さん、こんにちは。
Hi ! Everyone!

今日のブログはルーパー講座の第12回目。
Today’s blog is the 12th lesson about “looper”.

より多くの人がこのブログを参考に、更に音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。
I’ll be so happy if more people read this blog so they can enjoy music more.

※ルーパーの記事をよりたくさんの人に見てもらうため、ルーパー記事には英訳をつけています。
When I talk about looper I add English translation so that more people can read.

第12回目は「ルーパーで使用するマイクについて」というテーマでお話します。

The twelveth theme is
“Microphones for looper.”

ルーパーでマイクを接続する場合、どんなマイクを接続した方がよいか?という疑問がある方もいらっしゃると思いますので、ルーパー使用時のマイク選びについてお伝えしていきます。

I guess some people might have this question, “what kind of microphone do I need to connect?”

私のようにギターを弾きながら歌うスタイルでの
ルーパーを使用時のマイクは

Someone who plays like my style which is to sing with playing the guitar

SHURE ( シュアー ) / SM58 定番ダイナミックマイク

正直これ一択だと思っています。

This is the model.

小さな声から大きな声まで幅広く巧みに使い分けをするタイプの方なら
「SHURE SM58」でまず問題ないです。

If you use many types of singing styles like from whispering to shouting, this is it.

前回のブログにも書きましたが、
私は自分の声の音量をマイクに近づいたり離れたりすることで
自力で音量調節をしています。

As I told you in the last blog, I am controlling my vocal volume making distance from a microphone.

「SHURE SM58」はマイクから離れたら、
その分だけごく自然に滑らかに音量が下がっていきます。
そのことを利用して、私はルーパーに入る音の調整を自力で行っています。

If you make distance from “SHURE SM58”, vocal volume slightly and smoothly gets down.
I am controlling total valance, taking advantage of it.

それを行うには「SHURE SM58」が最適だからです。

This is the best model to do it.

癖がない、オーソドックスなタイプのマイクなので、
音をエフェクタなどで加工をすることを考えるのであれば、
癖の少ないものを選んでおいた方がよいのではないかとも思います。

This microphone is really simple and orthodox.
I think if you use effectors to change sounds, you had better choose something simple.

ちなみにウイスパーボイス系や声量が小さい方で
ギター弾き語りでルーパーを使用したい方は
極端にルーパーに向いていません。

If you sing whispering or your voice volume is small, extremely not good for looper.

ウイスパーボイス系や声量が小さい方は
超単一指向性のマイクの方が向いてまして、
SHUREでいうなら「SHURE/BETA58A」 などです。

There are super unidirectional microphones for those types of singers and if SHURE, it is “SHURE/BETA58A”.

一方「SHURE SM58」 は単一指向性のマイクで
超単一指向性の「SHURE/BETA58A」 と比較するのであれば、
「SHURE/BETA58A」の方が高音を拾いやすく、
かなりマイクに近づかないとマイクに音が入りません。

On the other hand, “SHURE/SM58” is an unidirectional microphone and if compare to “SHURE/BETA58A”, BETA gets higher range more than the other, but you need to get closer to the microphone, it does not get your voice well.

これが何を示すかというと

What this shows you is,

「SHURE/BETA58A」ではごく自然な音量調整が不可能

“SHURE/BETA58A is impossible to control your voice volume smoothly on the method.

ということです。
ある一定距離離れた時に音量が一気に下がってしまうので、
ごく自然に音量を落とすことは極めて困難です。

If you make fixed distance from BETA, the volume of your voice extremely gets down.

ギターを弾いていて、手が使えない以上、
足での微妙な音量調整は超人でもない限り、ほぼ不可能なので
ウイスパーボイス系や声量が小さい方は
ルーパーを使用することが極端に難しくなります。

Unless you play the guitar, it is so difficult to control the valance of volume with your foot, so it is hard to use looper for those people who sing whisper or small.

両手が塞がらないのであれば、
歌いながら手でつまみを調節しながら、自分の声の調整ができますが、
何度も手で声の音量の調整をしているというのも
見た目にはあまりよくはないので、
ギターなどの楽器を使うにしろ、使わないにしろ、
超単一指向性をルーパーで使用するというのは
結構厳しい面があると思います。

If you have a free hand, you can control tabs to make it valanced, but it is not good looking, I think it is hard to use super unidirectional microphones for looper.

ちなみにヒューマンビートボクサーは声をブーストしたりするので、
必ずしも「綺麗な声」にこだわる必要のないものなので、
どんなマイクでもよいのではないかと予想しています。

By the way, I guess any kinds of microphones are OK for human beat boxers because they boost their voices and they might not care about “beautiful voices”.

ただ超単一指向性だとブーストしすぎて、
ピークに達してしまうのではないかな?という懸念と
手が使えるとはいえ、そのブーストしすぎた声の音量調節も
かなり大変だと思うので、
結論「SHURE SM58」 のような単一指向性のマイクがベストではないかと思います。

But one thing that I am wondering is, boosting too much and getting over the limit if using super unidirectional microphones.
And it is hard to control those “over limited voices”, I recommend unidirectional microphones like “SHURE/SM58” in conclusion.

次のブログでは「ルーパーでマイクを使いたいなら、マイクも絶対買うべき!」というテーマでお話します。

Next blog, I will talk about
“You should buy a microphone if you want to use a microphone with looper.”

乞うご期待!
Please check the next blog coming up.

無料のルーパーレッスン、やっています。(スタジオ代もナオリュウ負担)
I also do a free looper lessons(studio fee is on me !).

問合・申込はTwitterスタッフアカウントまで。
For more information please contact my Twitter stuff account.

Thank you.