[20200224]あなたが選ぶべきルーパーはこれだ!~ルーパー上級者を目指したい人編~/This is the looper you have to choose!! 〜For who are aiming to be expert〜

皆さん、こんにちは。
Hi ! Everyone!

今日のブログはルーパー講座の第8回目。
Today’s blog is the 6th lesson about “looper”.

より多くの人がこのブログを参考に、更に音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。
I’ll be so happy if more people read this blog so they can enjoy music more.

※ルーパーの記事をよりたくさんの人に見てもらうため、ルーパー記事には英訳をつけています。
When I talk about looper I add English translation so that more people can read.

第8回目は「あなたが選ぶべきルーパーはこれだ!~ルーパー上級者を目指したい人編~」というテーマでお話します。

The eighths theme is about

“This is the looper you have to choose!!
〜For who are aiming to be expert〜”

前回はマイク入力が可能の機種をいくつかご紹介しました。
今回は前回の機種よりも複雑な演奏が可能な上位機種です。

I introduced you about some mic-in models.
This time I will introduce you higher models.

「よりスムーズにルーパーで音楽表現がしたい」
「エフェクタも多用したい」
と思う人は下記の機種を検討してみて下さい。

Please concider three models below if you think
“I want to play and express my music with looper more smoothly.”
“I want to use several effectors at once.”

・BOSS/RC-300
・electric hamonix/45000
・electric hamonix/95000

ここまで来るとかなりいろんなことができます。
ただ、これらの機種を使いこなす場合、
音楽に関する幅広い知識も必要となるため、
前回ご紹介したような機種を使って、ある程度知識と経験をつけると
今回ご紹介する機種はある程度スムーズに使用できると思います。

You can perform many kinds of things with these models.
But you need to learn basics first to use up these models because you need wide knowledges about music.

BOSS ( ボス ) / RC-300

こちらは現在私が使用しているルーパーです。
3トラックの録音が可能で、様々なエフェクタも搭載されています。
特に面白いのは転調機能でしょうね。
あと私がよく使うのは、スライサーとフェイザー、PAN、ディレイなど。
おおよそのことは叶えてくれる機種ではありますが、デメリットもかなりあります。
そのデメリットを補うのは音楽の知識と、そもそもの演奏能力です。
ライブ使用の際のトラブル回避にもかなりの知識と演奏能力が必要です。
またペダルを踏んだか踏んでないか分かりにくいので、
べダル踏みに慣れてない人は録音タイミングを外しやすいかもしれません。

【BOSS/RC-300】
This is the model I am using.
This has three recording trucks and full of effectors within.
A worthy of special mention is a function of modulation.
In addition, I often use “slice”, “phase”, “pan”, “delay”, etc.
This model would satisfy you but has a lot of demerits aswell.
You can cover those demerits with full of knowledges and playing skills.
And you do not feel enough response when stepping on a pedal, you might get missed the right timing if you do not get used to step on the pedal.

ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) / 45000 Multi-Track Looping Recorder


こちらには実はマイク入力(XLR)がありませんが、
デモ演奏で、ヒューマンビートボクサーの方がマイクのみを使っての
パフォーマンスをしていたので、一応マイク入力可能ということで、ご紹介をさせて頂きます。
ちなみにフォンをXLRに変換すれば、
前々回ご紹介したマイク入力がない機種でもマイクを使用することは可能です。
ただし、「歌をきれいな音でループさせたい」と思った場合、
フォン入力で声を録音することはあまりおススメできません。
ヒューマンビートボクサーは音をブーストさせたりするので、
フォン入力でもアリだったのだと思います。
仮にこの機種をボーカリストが使用する場合、
ルーパーのデータの音の劣化は仕方ないとして、
バラードなどを歌う際の声質をよくしたいと思った時には、
ループ録音以外は別のマイクを使用するという解決法があります。
私が使用するBOSS/RC-300はマイクの音をかなりきれいな音でループ録音できますが、
それでもルーパーを通すことで、多少の劣化します。
なので、よくループ用のマイクと歌専用のマイクを分けることを勧められたりしますが、
私は普通のルーパーアーティストよりも複雑なループ演奏をするため、
どちらがどちらのマイクか分からなくないそうなのでやりませんが、
そういった解決法を取る方もいます。
ご参考に。

ちなみにこの機種は4トラックの録音が可能です。
手で操作も可能ですが、別売りのフットスイッチをしようすることで足での操作も可能です。
なので、上記でご紹介したヒューマンビートボクサーも
私のようなギターを持って弾き語るシンガーソングライターのどちらも使いやすい機種です。
BOSS/RC-300ほど、たくさんのエフェクタは搭載されてないですが、
エレハモは基本的にとてもかわいい音がします。
オクターバーの音もキラキラしてて特徴的です。
ちょっと個性的な音が好みの方はこちらを選んでみるのもありだと思います。

【electric hamonix/45000】
This model does not have “mic in(XLR)”, but
I am going to introduce this model because I saw a human beat boxer was performing only using microphone with this model.
There is a way to use a microphone exchanging phone to XLR through a transfer connection tool.
But I do not recommend if you think that you want to record your voice and loop it nicely and clearly.
The purpose is different between human beat boxers and vocalists.
If you want to record your voice clearly, use two microphones.
One is for looper and the other is for your singing.
This is just one of solutions, for your information.

This model can record four trucks.
Hands operation or foot switch operation which is sold separately.

Both human beat boxers and singer song writers with guitars are suitable for this model.
This model does not have as many effects as BOSS/RC-300, but has nice and cute electronic and harmonic sounds.
The sound of octaver is also nice and characteristic.
This is OK if you like something unique.


electro-harmonix / 95000 Performance Loop Laboratory 【アダプター付属】【正規輸入品】【福岡パルコ店】

実は私はここ最近、あまり最新のルーパー探しをしてなかったのですが、
知らないうちにこんなすごいものが発売されてたのか!とびっくりしました。
近日中に試奏にいきたいと思ってます。
試奏したら、レビューしますね。

とりあえず、試奏をしに行く前に私が今回調べた情報を書き出していきますと、

・6トラックの録音が可能だということ。
・小さいこと。
・ループ録音のためのボタンが最高だということ。

ただ気になっているのが、
・「All Stop/Play」が1ボタンでできるのか?
・トラック移動を外部フットスイッチでスムーズにできるか?
という点です。
ただ、BOSS/RC-300と比べると内蔵エフェクタがないこと
(他のエフェクタを使いたい場合、別途追加購入が必要)
がひっかかります。
エフェクタを個別で買う、またはマルチエフェクタを買うにしても
持ち運びが大変になるし、
お値段はRC-300の倍以上どころじゃ済まないお値段になるので、
バランスよく…を考えるとBOSS/RC-300なのかなと…。
エレハモのエフェクタ好きなんだけどな~。

【electric hamonix/95000】
Recently, I have been away from checking new models but I got shocked when I met this super nice model.
I am going to try this model soon and report it soon.

I checked some informations and found

・Six trucks recording possible
・Small
・The switch button for loop recording is perfect.

But I am wondering some things which are

・Is it really possible “All Stop/Play” with one button.
・Transfer one truck to another smoothly with foot switch.

I also have something in my mind that there is no effectors within compare to BOSS/RC-300.
(You need to buy or prepare another effectors.)

Carrying is much harder and it costs more than double compared to RC-300.
So I think BOSS/RC-300 is the best choice with these models… Probably.
I like the electronically harmonic effector.

今回は‍以上です。

This is all for this time.

ルーパーを選ぶ際、
「どれがよいか?」と機種を並べて考えるより
「自分がルーパーで何がしたいか?」を考える方が
手っ取り早いです。

When you choose a model, I prefer “which model do I have to choose“ to “what do I want to do with looper”.

ルーパーをしたいと思った人はまず
「自分がルーパーで何を表現したいか」を
真っ先に考えてみて下さい。

Why don’t you think like that.

それでもルーパー選びに迷った方は
実は私、無料のルーパーレッスンを行っています。
マンツーマンで、楽器屋さんで
ルーパーを選ぶのに付き合うこともできますよ。

And still you can’t decide one, I have looper lessons for free and if you want, I can come with you to a shop to pick one one by one.

ルーパー選びにお困りの方は、ぜひ応募をしてみて下さい。

Why don’t you enter for it.

次のブログでは「あなたが選ぶべきルーパーはこれだ!~ヒューマンビートボクサー・DJ用編~」というテーマでお話します。

Next blog, I will talk about
“This is the looper you have to choose!!
〜For human beat boxers, DJs〜”

乞うご期待!
Please check the next blog coming up.

無料のルーパーレッスン、やっています。(スタジオ代もナオリュウ負担)
I also do a free looper lessons(studio fee is on me !).

問合・申込はTwitterスタッフアカウントまで。
For more information please contact my Twitter stuff account.

Thank you.