[20200217]あなたが選ぶべきルーパーはこれだ!~マイクで声も多重録音したい人編~/This is the looper you have to choose -for who wants to record voices over and over with microphone-

皆さん、こんにちは。
Hi ! Everyone!

今日のブログはルーパー講座の第7回目。
Today’s blog is the 6th lesson about “looper”.

より多くの人がこのブログを参考に、更に音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。
I’ll be so happy if more people read this blog so they can enjoy music more.

※ルーパーの記事をよりたくさんの人に見てもらうため、ルーパー記事には英訳をつけています。
When I talk about looper I add English translation so that more people can read.

第7回目は「あなたが選ぶべきルーパーはこれだ!~マイクで声も多重録音したい人編~」というテーマでお話します。

The seventh theme is about
“This is the looper you have to choose -for who wants to record voices over and over with microphone-“

前回お話した
「ギタリスト・ベーシスト、キーボディストなどで簡単なルーパーをやってみたい(マイクを使わずに単体の楽器のみをLINE接続して、ルーパーとつなげたい)方にお勧め機種」
というものがルーパーをやりたい人のおおよそが望んでいる機種ではないかなと思います。

I talked about
Recomendations for guitarists, bassists, and keyboardists with simple looper.
(connecting directly to looper
withont using microphone.)
last time and I guess most of people are looking for these models.

ただ上記でご紹介した機種にはマイク入力がなく、
且つ「1トラック」しか録音ができないため、
例えば私、ナオリュウのようにコーラスやフルートを
ルーパーに録音してたくさん重ねてみたいと思う方や
「複数の楽器を使って、ルーパーを使いこなしたい」
と思う方は、前回ご紹介した機種では叶えることができません。

But those models don’t have “mic in” plug and only one truck you can record.
Which means you can’t make your wish “Play looper with some instruments” with those models I introduced you last time.

また前回でご紹介した機種はルーパー機能に特化したルーパーなので、
私が多用している、様々なエフェクタは別途追加購入する必要があります。

Furthermore, those models are specific to looping function, you need to buy another effectors like I’m using.

もしそういったことがやりたいという人は
まず最初は私が使っている最上位機種BOSS/RC-300などを購入する前に、
その一歩手前の機種を使いこなしてからの方がよいと思います。

You had better try easier models first not like BOSS/RC-300 I’m using if someone wants to try like me.

何故なら、BOSS/RC-300などの最上位機種は多機能すぎて
意味が分からず、ルーパーを挫折する確率が高まるからです。

Because those high-quality models like BOSS/RC-300 have so many functions and the percentage of giving up will increase.

まず一歩手前のものを使い倒してみることをおススメします。

So I suggest you to try easier ones first.

最上位機種のちょっと手前の機種は

Those kinds of models are

・Line 6/JM4 Looper
・BOSS/RC-30
・BOSS/RC-202
・Electro-Harmonix/22500

などです。

ここからはそれぞれのルーパーがかなり個性的になっていきます。

Lower models are more characteristic.

Line 6 ( ライン6 ) / JM4 Looper


こちらの機種は1トラックしか録音できませんが、マイク入力もできます。
(マイク入力にはディレイ、リバーブなどごく基本的なエフェクタが使用できるようです。)
Clean から InsaneまでLine 6アンプモデルがついてるみたいなんで、
「ギタリストがちょっとマイクで声とか録音してみました系」
な人に向いているんじゃないかと。
ちょっとした遊び心をライブに取り込みたい人にはお勧めだと思います。

【Line 6/JM4 Looper】
This model has only one truck but has a mic-in plug.
(This mic-in plug can use basic effectors like delay, reverb etc.)
This is for who are guitarists may want to sing and record a little bit at gigs for some fun.
(It also has LINE6 amplifier models from CLEAN to INSANE.)

BOSS ( ボス ) / RC-30


上記3機種の中でこちらのみ私は触ったことがあり、
BOSSのデモンストレーション演奏もさせて頂いたことがありますが、
やはりBOSSはスタンダードなポジションですね。
こちらも上記3つの中ではスタンダードタイプだと言えます。
ボーカルをする方でルーパーをはじめたい人には
大抵BOSS/RC-30をおススメしています。
こちらは2トラックの録音が可能。
空間系のエフェクタがいろいろ入っていて、操作方法も比較的分かりやすいので
エフェクタをあまり知らない方もこれを使い倒すことでエフェクタを多少理解できます。
エフェクタ入門的にも結構アリの機種です。
ただ2つのトラック間のスムーズな移行は困難を極めます。
「All Stop/Play」もなく、ライブとして実用的に使うとなった場合は難しいので、
その点を理解した上で、まずは使い倒してみるのをおススメします。

【BOSS/RC-30】
I have played with this model and demonstrated, this is in a standard position compares to the other two.
I’m recommending this for vocalists.
This model has 2 recording trucks.
Also, many kinds of effects in it like distortions, modulations.
Easy to use, I recommend you to study what effects are through this model.
On the other hand, shifting smoothly from one channel to the other channel is so difficult.
It has no “All Stop/Play” mode, it’s so difficult for gigs, but I still recommend to use up first to know what it is.

BOSS ( ボス ) / RC-202


こちらはどちらかと言えばDJ・ヒューマンビートボクサー用のルーパーで、
元々は手で操作するタイプのルーパーではありますが、
外部フットスイッチを付けることで、楽器演奏でもルーパー演奏が可能となります。

RC-30と同じように、2トラックの録音が可能で、
また内蔵エフェクタの数はRC-300とほぼ同じでかなり豊富のため、
エフェクタをたくさん使用してみたい人やエレクトロ好きな人には
外部フットスイッチなどのプラスの出費があっても
こちらの方を選んだ方がよいかもしれません。
ただデメリットはライブ使用時、最低限必要だと思われる操作が
外部フットスイッチのみでは足りないのではないか?と思う点。
こちらの機種は触ったことがないので、
ざっと説明書を読んだ見解で間違いがあるかもですが、
2つのトラックの録音と再生に外部スイッチ2つを使用してしまえば、
「All Stop/Play」が使えなくなる。
仮にエクスプレッションペダルを「All Stop/Play」にあてがえたとしても
かなり操作がしにくい。
また、上記を使用してしまえばFXのオン・オフは外部フットスイッチで操作できなくなる。
という感じで、結局足だけの操作が厳しくなるのではないかと思います。
多分ですが、ターゲットトラックの変更など、MIDIコントローラーではできないので、
手での操作もできそうな楽器を使用しているのであれば、この機種はありかと思います。

【BOSS/RC-202】
This model is for DJ and human beat boxers, basically hands’ using, but it is possible for foot using if you connect external foot pedal.
This also has 2 recording trucks and full of effectors within.
You need to buy an external foot pedal but I think this good for people who are interested in using many effects or like electronic sounds.
Still, I’m wondering that only an external foot pedal might not satisfy you for minimum needings.
I have not use this model and I only read an instruction manual, I might be wrong but it is not possible to use “All Stop/Play” function if use two trucks for recording and playing with two external foot pedals.
Suppose if you could supply an expression pedal to “All Stop/Play”, it would be very tough to control.
And “FX on and off switch” can not be controlled with an external pedal when using those things I explained above.
Now as you can see, I think it is difficult to control only using a foot.
This is my guess but this model is OK if you can control with hands while playing instruments because a MIDI controller is not available to change to target trucks.

ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) / 22500 Dual Stereo Looper


この機種に触ったことはありませんが、私的に興味津々の機種です。
YouTubeで操作方法を見ているだけなので、不明な点はありますが、
2トラック録音できるこの機種、トラック間の移行はスムーズなようなので、
ライブとしての実用的な使い方も可能だと思います。
また内蔵エフェクタはあまりついてないですが、
エフェクタにこだわらないならば、これで十分かもしれません。
ただ「All Stop/Play」があれば最高なんですが、
説明にある
「パラレル・ループモード時、2つのループの同時再生が可能」
「プログラム可能なフットスイッチでタップテンポ、ループの停止をコントロール」
の2つの機能を使えば、「All Stop/Play」が可能なのかが不明です。
もし上記が可能ならば、ライブとしてはかなり実用的な機種です。

【Electro-Harmonix/22500】
I have not used this model but I am so interested in.
I still do not know the whole things yet, I only watched at a YouTube channel, but it seems to dub very smoothly from one to the other truck.
Means practical for gigs.
This model does not have so many sounds of effects within, but I think this is enough if you do not care of it.
It is not clear that “All Stop/Play” is available when use two functions which are
“Two looper devices can play simultaneously when parallel-loop mode.”
“Controlling tap-tempo and loop-stop with programmable foot switch.”
This is going to be a very practical model if above I explained is possible.

ルーパーを選ぶ際、
「どれがよいか?」と機種を並べて考えるより
「自分がルーパーで何がしたいか?」を考える方が
手っ取り早いです。

When you choose a model, I prefer “which model do I have to choose“ to “what do I want to do with looper”.

ルーパーをしたいと思った人はまず
「自分がルーパーで何を表現したいか」を
真っ先に考えてみて下さい。

Why don’t you think like that.

それでもルーパー選びに迷った方は
実は私、無料のルーパーレッスンを行っています。
マンツーマンで、楽器屋さんで
ルーパーを選ぶのに付き合うこともできますよ。

And still you can’t decide one, I have looper lessons for free and if you want, I can come with you to a shop to pick one one by one.

ルーパー選びにお困りの方は、ぜひ応募をしてみて下さい。

Why don’t you enter for it.

次のブログでは「あなたが選ぶべきルーパーはこれだ!~ルーパー上級者を目指したい人編~」というテーマでお話します。

Next blog, I will talk about
“This is the looper you have to choose!!
〜For who are aiming to be expert〜”

乞うご期待!
Please check the next blog coming up.

無料のルーパーレッスン、やっています。(スタジオ代もナオリュウ負担)
I also do a free looper lessons(studio fee is on me !).

問合・申込はTwitterスタッフアカウントまで。
For more information please contact my Twitter stuff account.

Thank you.